趣味の出費にキャッシングしてしまいました

少し恥ずかしいのですが、初めてキャッシングしたのは趣味の出費というか、
具体的にはフィギュアが欲しいと思ったからなんです。

ご存知の人もあるかと思うのですが、フィギュアは普通に玩具屋で流通している物や
メーカーから通販で買えるものばかりではなく、イベントなどで販売される限定品があり、
そういうものはその場で買うしかないのです。
そして限定品ですから普通は当然再販されることはないというわけです。

使い道を聞かれることのない借入先

今買わなければ今後手に入らないと思うとどうしても欲しくなり、
キャッシングでお金を借りてイベントに参加しました。
キャッシングは初めてで緊張しましたし、使い道が玩具ですから、
借りたお金の使い道を聞かれるような所では借りれませんと思いましたので、
普通に良く見かける消費者金融で借りる事にしました。

キャッシングなら時間もあまりないので直ぐに融資可能というのも魅力でした。
キャッシングはとりあえず10万円で良いと思いましたが、
もっと借りれるというので限度額は30万円で設定しました。

返す当ては来月以降の支出を切り詰めるとという泥縄式なやり方ですが、
困ったら一部コレクションを売ってもいいかなとも考えていましたので、
それ程心配しませんでした。

30万円を借入

フィギュアのコレクションの中には複数買って置いてあるものがあり、
将来的には売っても良いと考えている物が結構あって、
自分の財産みたいになっているからです。
でも結局考え直してキャッシングで30万円、限度額一杯借りて買いに行きました。

余分に買って転売すれば利益が出るんじゃないかと考えたからです。

この考えはまずまず上手くいって利益を得ることが出来ました。
ただし直ぐには売れなくキャッシングの金利もかさんでしまいましたが。
時間はかかったけれど利益を出すことが出来て、欲しい物も買えてよかったです。

コレがビジネスなのかも知れないな。と漠然と感じました。
とにかくキャッシングは利用して大成功でした。
あの時お金を用意できなければ、欲しかったフィギュアも
一体くらいしか買えなかったと思いますし、
もちろん利益を出すことももちろん出来なかったはずです。