申込書の年収欄に嘘を書くとキャッシングできない

キャッシングの審査では、申込者の返済能力を調べています。
返済能力のない人に融資をすると、返済不能になりますから、
返済能力に疑問のある人はパスすることはできません。

特に審査で重視されるのは、年収の項目です。
収入が少ないと、それだけ返済することも難しくなるので、
一定の年収以下だと審査をパスすることはありません。

勤続年数、他社借り入れも同様に

また、安定しているかを確かめるために、勤続年数も重視されます。
転職などを繰り返して勤続年数が短いと審査では不利になるのです。

そのほかにも、他社の借入件数と金額も、審査では重要な項目になります。
すでに借り入れがある人に融資をしても、
回収するのは困難になる可能性が非常に高いからです。

このように、キャッシングの申込用紙にはさまざまな項目があり、
どれも審査に係わる重要な項目です。
だからこそ、申込書の内容を誤魔化してはいけません。
記入をするときには、必ず真実のみを書くようにしましょう。

不安だからといって嘘を書くのはNG

まれに、審査にパスするか不安の人のなかに、適当なことを書いてしまう人もいます。
キャッシングの審査で重要な年収などの項目に、嘘を書いてしまうのです。
記入内容を誤魔化すのは、絶対にやってはいけません。

申込書の内容に嘘があると、審査をパスすることができないからです。
キャッシングをどうしても利用したいときには、誤魔化したい気持ちは理解できます。
しかし、審査に不安な状態でキャッシングをしても、結局は後から苦しくなるだけです。

急にお金が必要になった場合など、不安からついついちょっとだけ
審査に有利となるような申告をしたくなりますが、
即日借り入れの場合こそ、落ち着いて申し込みを行う必要があるといえるでしょう。